忍者ブログ
SEO対策を自分でやってみよう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2007/10/01/1289
「検索エンジンが順位を決める53の要因(39人のSEOプロが評価した重要度とコメント付き)」

これ、ものすごいわかる!とっても参考になりますね。
それぞれのコメントが一つ一つ読めるのも面白いです。やっぱりこう、意見がわかれるところはわかれるんだなぁ。悩んでいるのは自分だけじゃないって確認できる感じがいいですね。

<引用>
●プラス要因トップ10
1. titleタグ内でのキーワード使用
2. 被リンクのアンカーテキスト
3. サイト全体でのリンクポピュラリティ
4. サイト開設からの経過時間
5. サイト内部構造としてのリンクポピュラリティ
6. 被リンクの話題関連性
7. 話題コミュニティ内でのリンクポピュラリティ
8. 本文でのキーワード使用
9. リンク元サイトのサイト全体でのリンクポピュラリティ
10. 被リンク増加率

 ●マイナス要因トップ5
1.クローラーが頻繁にサーバーにアクセスできない
2.既存のインデックス内のページの複製ページ
  または非常に似ているコンテンツ
3.質の低いまたはスパムのサイトへのリンク
4.同じtitleやmetaタグを多くのページで利用
5.ターゲットキーワードの使いすぎ(詰め込み/スパム)

<引用終わり>

それぞれの項目についてまぁプロのコメントがひとつひとつ読めるのも面白い。
とても参考になります。

でも、まぁ、普段言われているような内容ばかりの再確認といったところでしょうか…。
SEO対策の復習のつもりで熟読しましょう!
PR
SEO対策について聞かれたときついいろいろ熱く語ってしまいがちですが、聞いてきた方が「基本」もわかっていない事があります。
まずは本当に基本中の基本を押さえましょう。

ここでは例として「株式会社ぶんぶん」という文房具を扱う会社のホームページを「文房具」/「文房具 通信販売」というキーワードで上位表示したい場合を想定します。

【1】タイトル
ホームページのタイトル(<title>タグ)に検索キーワードを入れましょう!
大原則です。まずこれをやっておかないと話になりません。

<title>株式会社ぶんぶん</title>

<title>文房具の通信販売・株式会社ぶんぶん</title>

ここでポイント。
真偽の程は確かではありませんが、キーワードを先に配置しましょう。
(つまり、「株式会社ぶんぶん・文房具の通信販売」ではない)
何度かいろいろなサイトで検証してみて確たるデーターは取れなかったのですが、体感的にキーワードが先に来ているほうが順位が上がりやすかったように感じます。
また、うまくキーワードを入れたサイト名を作るのもお勧めします。
サイト名に「株式会社ぶんぶん」をどうしても入れたい場合は別ですが、サイトを訪れる人は「株式会社ぶんぶん」というサイトを探す人の他に、文房具の通信販売をしているサイトを探している人もいるのです。そういった人には「株式会社ぶんぶん」というキーワードは必要ないはずです。
例えばサイトタイトルを「文房具通販ぶんぶん」というタイトルにすれば、別のサイトの運営者がリンクをはってくれるときにまちがいなく「文房具」「通販」のキーワードが入った「文房具通販ぶんぶん」とテキストリンクしてくれる事になります。後述しますが、検索上位になりたいキーワードで他のサイトからテキストリンクを貰うことはSEOにとってかなり有効です。
まずサイトタイトルをキーワードを含めたものにすることから始めましょう。

【2】<META>タグ
その昔、<META>タグにキーワード詰め込みまくるSEOスパムが横行したために、<META>タグの効果が薄くなった&ヘタに過剰にやるとSEOスパム扱いされる(らしい※かなりの勢いでキーワードを詰め込む実験してみたことがありますが、確認できませんでした)との情報があるので適度に利用しましょう。

<meta name="description" content="文房具の通信販売なら株式会社ぶんぶん。必要な文房具を安心確実にお求めいただけます。">
<meta name="keywords" content="文房具,通信販売,文具,販売,文房具 通信販売,株式会社ぶんぶん">
<meta name="description" ><meta name="keywords" >だけは必ず設定するようにしましょう。
また、これらキーワードは可能な限り各ページごとにきちんと最適化されたものを設定します。SEO効果そのものより、<meta name="keywords" >の使い方としてその方が正しいので、面倒でもしっかり行ないましょう。(例;文房具でもシャープペンの紹介をしているページは<meta name="keywords" >に“シャープペン”をちゃんと追加しましょう。)

【3】本文にキーワードをちりばめましょう

ページ内本文にテキストでキーワードをたくさんちりばめてください。
ただし、キーワード連呼(「文房具文房具文房具文房具文房具文房具」と呪文のように入れること)はスパム行為となるので止めましょう。
一般的に、ページ内のキーワード出現率が5~10%以内が適切だといわれています。
ページ内のキーワード出現率はhttp://seo.fc2.com/keywordrate/のページなどで調べることが出来ます。

【4】検索エンジンに登録しましょう

サイトを作ったら、検索エンジンに認識してもらわなければなりません。
Yahoo! http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request
Google http://www.google.co.jp/addurl/

【5】リンクをたくさん集めましょう

実は、リンクをあつめさえすれば【4】の作業はする必要はありません。
きちんと検索エンジンに認識されている(クローラーが巡回してきている)ページからリンクを貰えば無条件で検索エンジンに登録される事ができます。
よくリンクはされているけど検索エンジンに認識されないという方もいますが、それはリンクを貼ってもらったページにクローラーが巡回して来ているかどうかによります。しっかりとしたページからリンクをもらえば検索エンジンがちゃんと認識してくれます。

以上、まずはこれが基本中の基本です。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/18 北原]
[03/14 管理人です]
[03/08 ジェリー]
[03/08 管理人です]
[03/08 ジェリー]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © SEO対策を自分でやってみよう All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]